大変?簡単?家庭教師の仕事について調べてみた!


注意すべきこと

家庭教師として働く上で盲点になりがちなポイント。それは保護者の存在です。仕事をする上で生徒の存在に気を配るのは当然ですが、その生徒の家庭教師代金を支払っているのは保護者です。そのため、いくら生徒と良好な関係を築けたとしても保護者の信頼を勝ち取ることが出来なければ解雇を言い渡されることも考えられます。

また、家庭教師を雇うくらいの年代の子どもは思春期で難しい年頃である場合が多いです。そのため、保護者との関係性が上手くいっていないということも少なくありません。場合によっては保護者と生徒の意見が食い違い、その間で板挟みになる可能性があります。このような状態では生徒の勉強へのモチベーションを維持させるのは難しいです。

家庭教師として働くときには保護者の存在に気を配るようにしましょう。保護者の存在は生徒と同じくらい重要な意味を持っているため、しっかりと関係を取り持っておく必要性があります。しかし、保護者と生徒の仲が良くない場合にはそれが難しいということもあります。そうした場合には生徒のやる気を下げない為の対策をとっておくことが大切です。家庭の中に入っていかなければいけないため、何事も柔軟に対応する心がけが必要です。